2014年7月18日

あらゆるニーズに応える3Dプリンタシステム

3Dプリンタシステム



 3Dプリンターとは(3D Printer)、紙上に印刷する2次元のプリンターに対して、主に3D CAD、3Dスキャナなどからのデータを元に立体物(3次元のオブジェクト)を造形する装置です。
3次元のオブジェクトを造形することを、3Dプリンティング(三次元造形、3D Printing)と言います。
従来の製造技術は、形ある物を削って作る切削工法(subtractive)であるのに対し、3Dプリンターは、何も無い所から積層(additive)して行くのが特徴です。



PolyJet システム 3Dプリンター シリーズ

ポリジェット方式3Dプリンター

 ポリジェット方式とは、3Dプリンタメーカの最大手ストラタイシス社で開発した3Dプリンタの造形方式を言います。
一般的にはインクジェット方式と呼ばれることも多いようです。 液体のフォトポリマーをヘッドから噴射し、UV(紫外線)ライトで硬化させ、積層していくタイプの3Dプリンタとなります。
粒子が細かいので、小さなモデルを精細度良く造形したい場合に向いており、表面のも滑らかな仕上げで出来上がります。
複数の材料を混ぜることが出来ますので、固さや柔軟性のある造形物を作成することも出来ます。
材料はカセット式で供給される為、取り扱いも容易で比較的安全です。
OBJET24 OBJET30PrO OBJET EDEN260V OBJET EDEN350V OBJET EDEN500V
OBJET260 CONNEX OBJET350 CONNEX OBJET500 CONNEX OBJET500 CONNEX3 OBJET1000

※画像をクリックするとメーカーサイトが開きます。



FDM システム 3Dプリンター シリーズ

FDM方式3Dプリンター

 FDMは、 Fused Deposition Modelingの略で、日本語では、熱溶解積層法と言われます。
熱可塑性樹脂材料を高温で溶かし、チップと呼ばれるヘッドから細い糸状の樹脂を押出し、造形トレーに一筆書きのように書いて行く方式で積層し、立体形状を作成します。
熱可塑性樹脂でも、材料により収縮率・線膨張率・溶解温度など条件が異なる為、精度の良い造形物を作成する為には、3Dプリンターに合致した材料を使用する必要があります。
MOJO uPrint SE uPrint SE Plus Dimension 1200es Dimension 1200es
Dimension Elite Fortus 250mc Fortus 360mc Fortus 400mc Fortus 900mc

※画像をクリックするとメーカーサイトが開きます。



3Dプリンタシステムに関するお問い合わせ

●株式会社メコム
●TEL:023-622-8673
●受付時間 土・日・祝日を除く毎日 8:30〜17:30